月イチ更新のショーケース
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゼラン
マゼラン後方
マゼランブリッジ

「マゼラン級“カリスト”(ルウム会戦時)」

U.C.0079年1月16日のルウム戦役では第1連合艦隊、第5艦隊に所属。
同会戦にて中破したものの、サイド5宙域からの撤退に際し、確実な
ダメージコントロールと巧みな操艦で離脱を成功させている。
同会戦後、対空兵装を強化。副砲は撤去された。

 6月12日サイド6沖でのジオン巡洋艦隊への奇襲攻撃(カナヴェル海
戦)に参加。10月12日ジオン軍ゲルド艦隊による、ルナツー強襲時に迎
撃に向う。砲雷撃戦の果て大型対艦ミサイル2発を左舷に受けた他、被
弾 多数。機関損傷し、艦を放棄する。戦闘終了後、ルナツーに曳航する
も廃艦処分が決定。

モデルはルウム戦役時の仕様。艦橋側面のマークは一年戦争以前にあっ
た紛争時にも活躍した同艦への戦闘表彰。艦橋前砲塔側面にも白地の戦
闘表彰が付く。艦首の白帯は第5艦隊所属を表す。

サラミス
サラミス後方
 サラミスブリッジ

「サラミス級“カリーニングラード”(ソロモン攻略戦時)」

 第3艦隊所属。ルウム会戦からの撤退時、爆沈した友軍艦の破片を受
け、艦首がもぎ取られる損傷を負う。ルナツーに回航、同地にて修理。
ミサイル巡洋艦への改装を受ける。

 12月24日ソロモン攻略作戦に参加。要塞への上陸作戦支援に活躍す
る。同30日、公国軍のソーラ・レイ攻撃にて消失。戦没認定を受ける。

モデルはソロモン攻略戦時。戦時暗色迷彩を施すが認識帯のコーラルピ
ンクは塗り残している。ルナツーでの改装時に垂直式ミサイル発射装置
も搭載されたとされる説や、戦時のため改装は簡易なものだったとの説
もあるが、製作にあたり後者を選択している。

マゼラン級&サラミス級

マゼラン級は天体の名前から付けられているのが多いので、それに倣い木星の衛星“カリスト”から。
サラミス級は「ミサイル巡洋艦といやあ戦後ソ連艦?」のイメージから、ロシアの地名から。
あとは単に「音の響き」ですネw
バンダイ1/1700EXモデル使用。筆塗り、アクリルガッシュ使用。

設定に関しては全くの妄想話でして、
資料的価値は一切ございませんっw

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 【東風製作所】, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。