月イチ更新のショーケース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たたずまい」はストーリーを語るのか?
街角1
街角2

 一時、「ジオラマを通して明確なストーリーを語らないといけない」みたい
な事が、模型誌(ってゆーかAM誌上)で語られていましたが、果たしてそ
うなのか?見る人が自由に想像したらいいんじゃないか?とも思ってまし
た。しかし、作るに当たって「ココを見て欲しい」ってゆートコロは絶対ある
ので、ソレを明確にしていくのが「ストーリー」を語るって事なのか?

 絵画でも、静物画とかありますけど、素直に見ると「果物があり、本があ
り。。。」なんですが、「人生には食べ物も教養も必要なんだョ」的なことの
暗示、戒めも説いてる。みたいな事も含まれてるんですよね、確か(あや
ふやですいませんw)

 ジオラマもそういう暗喩とかもいるのかなぁ?見たまんまはダメなのか
なぁ。車両があって、人が遠くを見てるのは「ひねり」がない事との評価
しかないのかなぁと、そんなことは思いますね、いつも。

 「静かなたたずまいのジオラマ」はストーリーを語るのか?見た人側の
気持ちが入って初めて「完成」するジオラマもあるのではないか?と思い
ますねェ。

いずれにせよ、「作品自体が雄弁に語り出すジオラマ」、作りたいですネ♪


 写真は、04年1月11日完成「街角」
街角3
街角5
街角4

1/20日東MA,K.ハインリッヒ使用。やはりパーツの合いには苦労します。
キャノピーの枠がなかったので、エバグリの細切りプラ板で作りました。
あと、機体と、キャノピーのすき間は延ばしプラ棒で、ゴムのパッキン(シ
ーリング?)を追加。人は1/20タミヤレーシングチームセットをエポパテで
改造。ヘルメットは、MA,K.のキットから。
 両方とも、青ベースに塗装したら、軍警察っぽくなりましたw
街角で治安維持に努める人たちってカンジか?ご苦労様です。
仕上げ、構図とも、小奇麗なカンジにしようと思いましたョ。

 コンクリートバリケードは発泡スチロールに水溶きボンドで薄く溶いた
ファンドを塗る(パテは溶けます)鉄骨バリケードは1/35タミヤバリケード
セットから。地面の石畳は、ファンドを薄く延ばして盛り付け、完全硬化後
に、デザインナイフで扇形の石畳を彫刻しました>タミヤ情景ガイドブックに
載ってます、有刺鉄線の作り方も同様に。

2006年10月27~29日に開催された「大阪Ma.Kモケイテンジカイ4」に参加。
モデグラ賞受賞。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 【東風製作所】, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。