月イチ更新のショーケース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「城は、松山城という。」

松山城1
松山城02
松山城03
松山城04
松山城05
城下の人口は士族をふくめて三万。その市街の中央に釜を伏せたような丘があり、
丘は赤松でおおわれ、その赤松の樹間がくれに高さ十丈の石垣が天にのび、さらに
瀬戸内の天を背景に三層の天守閣がすわっている。古来、この城は四国最大の城と
されたが、あたりの風景が優美なために、石垣も櫓も、そのように厳くはみえない。

                            ~司馬遼太郎「坂の上の雲」より~


以上、語りは渡辺謙の声で(笑) ってなことで完全乗っかり企画だなw

松山城06
松山城07
松山城08
松山城09
松山城010
松山城011

 
 幕末に落成した現在の大天守は、最後の天守建築(桃山文化様式)であり現存12
天守、三大平山城の一つに数えられています。
 平成に入り改修され、最近のは「キリリッ」とした表情で非常にカッチョエエですw
松山城にはもう20数年前に一度行ったきり、模型をいじりながら「こんなだったなァ」
と懐かしく思い出しました。また行ってみたいですね。

松山城012
松山城013
松山城014


 童友社1/450モデルは複雑な構成の櫓を組み合わせるので、手間はかかりますが
見映えはいいです。天守は細長く、実物とはやや印象が異なります。実物の天守見る
といつも旧海軍の巡洋艦「鳥海」とか彷彿とさせます。多分バランスに共通するものが
あるんでしょうか??(w
 天守のみ格子戸外に設けられた、突き上げ板戸を再現。3層部分の高欄もプラ材で
作り直してますがこの辺は雰囲気で。エッチングとか使い出すと修羅の道歩みますw
 完全なスケールモデルとして見るより「ディフォルメされた箱庭」として作るほうが精神
衛生上、かなり良いと思います。

 とは言うものの、キットでは白漆喰の塗籠めの筋鉄門東続塀(正面真ん中の塀)は、
やはり板塀にした方いいなと思ったので、塗り直したいですけど入り組んでるので無理だな(汗

 松山城http://www.matsuyamajo.jp/

松山城015
幕末古写真ジェネレーター http://labs.wanokoto.jp/oldsでやってみました♪
小さいモデルだけに光の当たり方がキツイ目ですが、雰囲気は出たかなw

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 【東風製作所】, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。