月イチ更新のショーケース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブロッケン001

ブロッケン004

ブロッケン003

ブロッケン002

ブロッケン005

機体諸元
ブロッケン

形式番号 TYPE-7

製造 SEE
全高 8.68m
全幅 4.69m
本体重量 8.23t
全備重量 8.92t
最大起重 4.00t
最小回転半径 6.20m
装甲材質 強化スチール複合装甲
装備 105mmカノン砲
40mm速射機関砲
スモークディスチャージャー
TOW対戦車ミサイルランチャー

ブロッケン008

ブロッケン007

ブロッケン006

SEE製造の純軍事用レイバーである。(形式番号:TYPE-7)
SEEが開発した軍事用レイバー。NATO諸国や西ドイツ国防軍が国境警備用に導入している。 TV版ではNATO諸国が共同開発した機体、漫画版では西ドイツ製の西ドイツ軍用レイバーとして登場する。重武装・重装甲・大出力でイングラムを押さえ込むほどのパワーを持つ。装甲の気密性が高いので水中でも作動が可能だが、運動性能は低下する。機体としての優秀さゆえ数多くの派生種が存在する。デザインしたゆうきまさみによるとグリフォンが『鉄人28号』に登場したブラックオックスであるのに対し、こちらはそれ以前に鉄人と対決したバッカスがイメージされているとのこと。ブロッケン用の火器が作中で使用されることはなかったが、ドイツ軍で実際に使用されている火器を元にデザイン・設定が施されており、漫画版で後藤が読んでいる軍事専門誌に写真が掲載されている。劇場版以外のほぼ全ての媒体に登場しており、漫画版では企画7課の内海によってデータ回収を条件に過激派「地球防衛軍」に提供され、TV版でもファントムの後方支援に使われるなど、悪役としてのイメージが強い機体ではあるが、旧OVA版では国際レイバーショーに出展するため赤いデモカラーに塗装されたブロッケンがイングラムと共闘し、主役級の活躍を見せている。(以上、文章すべてWiki抜粋)

 「機動警察パトレイバー」バンダイ1/60キット「ブロッケン」使用。劇中には登場しない「あったかもしれない」塗装で仕上げました。確か5日間ほどで仕上げたような。。。キットのボリュームが足らない部分をパテ盛りして整形したり、シーリング部分をティッシュを瞬着で固めてカバーにしたりと一応手は入れてます。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 【東風製作所】, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。