月イチ更新のショーケース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

イタレリ1/35 M163バルカン アメリカ第3機甲師団‐ 西ドイツ 1987年


M163 006

M163対空自走砲は“VADS”(Vulcan Air Defense System、20mmバルカン砲と給弾装置、測距/照準装置からなるシステム)を砲塔にまとめ、M113装甲兵員輸送車の車体に搭載した師団防空用の対空車両です。旧式化したM42ダスターの後継として開発されました。

…とは言うものの、圧倒的な制空権を有する米軍において、その対空防御の出番は薄そう。実際、初陣のベトナム戦では基地防衛やコンボイの護衛などもっぱら対地攻撃に活躍。

また、輸出先の中東や南米、アジアでは、今でも現役なんだろうな、多分。
M163 005

M163 0004

兵士はタミヤ米軍現用歩兵セットから改造。ウッドランド迷彩も懐かしい分類になってきましたねw

M163 001


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

リックドム2-001

B-CLUB 1/75 リックドム2

ソフトビニール製/原型:佐藤直樹(ミレニアムモデル)


リックドム2-004

リックドム2-006




全高21センチあるガンプラ(プラぢゃないが)を完成させるのは実は初めて。MGシリーズも完成まで至らない中、まあよく出来たな、と(笑) 1/75とありますが、原型のサイズか?ソフビキットの実寸はそんなに大きくない。


ドムの造形としては、細身なんだけどまとう装甲はゴツいって印象を受けます。

全身に繊細なスジ彫りがあり、製作中も眺めてるだけでほれぼれしてしまいます。

塗装はガイアノーツのサーフェイサーエヴォスプレーを吹いた後、アクリルガッシュの筆塗り。大モデルでの塗りの表現は悩みましたが、筆がノってくると楽しめました。

デカールは、ドラゴンのカルトグラフ製デカール、タミヤのドイツ軍デカール、ハセガワのマシーネンシリーズなど組み合わせてます。

全身くまなく貼ると散漫な感じになるので、集中と拡散に気を付けつつ貼ってます。公国章横の文字は機体のニックネームです(→タミヤドイツ軍車両マーキングデカールセット)


リックドム2-002

マーキングのナンバーなどから部隊編成やら戦歴やら妄想するのもガンプラの楽しみ。

大戦末期の機体だけに最貧部隊(地球引き上げ残余+動員学徒兵→消耗しつつ、グラナダで武装解除)とかいろいろ妄想出来ました(笑)



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

イングラム001


警視庁警備部特車2課第2小隊2号機(太田機)-コミック版


イングラム005

損耗激しい太田機。頭部純正品は早くも底がつき、コミック2巻中で試作パーツに交換されています。

イングラム003

イングラム006

盾のキルマーク(じゃないかw)「正」はコミック2巻P100よりの描写(海洋堂デカールセットのおまけデカール)

イングラム007

イングラム002


海洋堂1/48 AV-98式イングラム222号機(コミック版/原型:速水仁司)

レジンキット。速水さんらしい、躍動感ある腰の入ったポーズがステキ過ぎw

ただ組み上げた時の合いが悪く、接地すらままなりませんでしたが、何とか「正面からの見た目」では両足とも着ける様、足裏をヤスリました。

ライアットガンは左右手首付いたパーツ分割状態。歪みがあり銃身部分で切断(てか、折れたw)、右腕の位置を基準に手首を取り付けた後、左腕は現物合わせで。

塗装は白スプレーでベース作った上でアクリルガッシュの筆塗り。
デカールは海洋堂デカールセットから。やはり古いモノ、黄ばみもあるし時間かけて水に浸ししてから転写しました。マークセッターで定着。


「塗装やマーキングの参考に」とコミック引っ張り出したところ、読み更けってしまいました(笑)
メディアミックスの先駆け的存在の作品、送り手はまさに「ライトスタッフ」の面々。楽しく、思い出深い作品だった。

・・・なだけに、実写版の出来は本当に気になる。                                                        

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

メルジーネ001

メルジーネ002


P.K.A メルジーネ(Panzer Kampf Anzug Ausf.M MELUSINE)

P.K.A M型。グスタフにカウツの間接視認システムを導入してP.K.A最大の弱点であるクリアキャノピーを排し、空戦を考慮しない完全な陸戦用として開発された機体。機関とレーザーの強化も行われている。また、両手仕様の工兵タイプ型も存在する。(Wikiより抜粋)

メルジーネ003

メルジーネ004


 1/20 3Qモデル/wave製 “メルジーネ”です。ほぼストレート組みで簡単なベースで仕上げました。塗装はアクリルガッシュの筆塗り。3色迷彩で黄帯を施しています>旧軍でも採用されていましたが、モノの形を不明確にする作用があるとか。。。

 ↓上部の白丸は、対空標識です。1/35タミヤ・(旧)カーロアルマートのデカールです。

メルジーネ006

メルジーネ005

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用


Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 【東風製作所】, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。